覆面調査を依頼して目の行き届かない問題点を解決しよう

サービス品質を確かめる

女性

調査員がリサーチをする

フランチャイズやチェーン展開している接客業や飲食店のサービス品質を向上するために、覆面調査が行われることはよくあります。主に、調査に慣れている専門の代行業者に所属する調査員が、担当になることがほとんどです。また、複数のチェック項目を店員にバレないように、リサーチするというスキルが求められます。暗記力や店員に悟らせない工夫が必要なため、代行業者を介した調査が多くなります。管理会社や運営会社、中央の事務所の方々から代行業者に依頼して、指定のお店に訪問してサービスを利用し、その品質をチェックするというのが多くの方法です。店員の態度が悪いと口コミが多く寄せられているような場合には、店長経由で注意をうながすこともあります。しかし、それでも状況が改善されない場合には、チェーン展開契約、フランチャイズ契約を打ち切るためにその覆面調査によるリサーチが行われることもあります。衛生的な問題や接客品質など、覆面調査ではちょっとしたところまで調査するためお店側としては不安が絶えないでしょう。きちんと運営されている店舗であれば覆面調査に怯えることは何もないです。しかし、アルバイトやパートで働いていると覆面調査が入るということを事前に知らされることもあり、スタッフの士気や意識を高めるのに役立つこともあります。調査の仕組みはシンプルですが、サービス品質を向上するためのもので、悪い影響をおよぼすことはほとんどありません。この覆面調査員は他のお客さんとも見分けはつかないため、他のお客さんに迷惑になることもなく、高度なリサーチが行われます。